■ なんでもありの雑記帳

kyos.exblog.jp

エド・ウッド

c0034486_2236373.jpg夜中に放映されていた映画をビデオに撮っておいたので、今日の昼間早速観てみました。

「エド・ウッド」
1994年アメリカ
監督 ティム・バートン
主演 ジョニー・デップ、マーティン・ランドー、サラ・ジェシカ・パーカー、パトリシア・アークエット、ジェフリー・ジョーンズ、ビル・マーレー

実在の映画監督で「史上最低の監督」の称号を授かった50年代の監督「エド・ウッド」のロマンを描いた伝記的作品。

エド・ウッドの撮った実際の作品はB級もいいところで本当につまらない退屈な作品・・なんだそうなんですが、この映画はさすが奇才の監督ティム・バートンが撮っただけあって観ているうちにドンドン画面に惹き付けられました。正直最初はジョニー目当てで観ていたのですが、全部実在の人物というのも大変興味深いし、往年のホラー役者「ベラ・ルゴシ」を演じたマーティン・ランドーがものすごく上手い。

時代背景と雰囲気を出すためにモノクロで撮っているのですが、若き日のオーソン・ウェルズが出てきたり(うちの父がファンでポスターをリビングに貼ってました)、もちろんジョニーの演技も完璧になりきってて素晴らしいです。彼はいろんな役を演じてきているけれど、こういうちょっとクラッシックな匂いのする個性的な役は演技も見た目も本当にうまいと感じさせる。
それにエド・ウッド監督が女装癖だたこともあってジョニー・デップの女装姿は必見ものかも(笑)

このエド・ウッド監督の背景をいろいろ知ると、映画監督としては才能がなくても人間そのものが大変面白い魅力ある人間だったんだな・・と感じます。
背景を知ってから見るとさらに面白いかも知れませんね。

エド・ウッド監督に興味持った方はこちらのサイトををチェックしてみて下さい!
B級監督やその作品を紹介してるおもしろいサイトです。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-02-28 00:01 | Movie