■ なんでもありの雑記帳

kyos.exblog.jp

ジャンルフリーの日常雑記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

やってきましたこの季節・・

今日は風がすご〜く強かったんですが、とうとう今年もやって来ました、そう・・花粉症。
出始めなのでまだ今は軽いですが、外出後すぐに鼻むず・鼻水・目かゆが始まってしまいました。昨年の猛暑の影響で、今年の春には10年ぶりの大飛散になると言われてるのでこれからが憂鬱〜。
ひどくなってくると、も〜鼻で息ができない(泣)
両方詰まったまま寝てたら死んじゃいますって。

花粉症の人は、飛んでいる花粉の数がある一定の量を超えると症状が出るようですが、出る時期は人により異なって、ごく少量の花粉で症状が出る人もいれば、花粉が大量に飛んでから初めて発症する人もいるようですね〜。でもうちの家族では私だけなんだな、これが。

c0034486_3411985.jpg95年だったかな?過去の一番のピークだった年、仕事中に突然発症して以来、特別医者にもかからずひどくなってきたら市販薬でやり過ごしてました。
マスクなんか格好悪くてしてらんない・・と思ってたけど、この病気も段々浸透してきてるし、そんなに人目を気にすることはないかな?・・と、今年はマスクしてみようかとも思ったり。

それにしても昔は春が大好きな季節だったのになぁ・・
今は春なんてちっとも嬉しくない季節。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-26 00:53 | Life

奈美悦子さんの記者会見

c0034486_1453930.jpg
やっぱり24日はこのニュースを熱心に見てしまいました。
3か月ぶりに拝見した先生もお元気でよかった。向こうではいろいろ親切にお話下さったので、改めて感謝しています。

・・それにしてもTVの反響ってものすごいんですね。病院側も問い合わせが殺到して大変だったみたいです。
奈美さんはTVではもうだいぶ楽になったとおしゃってみましたが、まだまだ相当お辛いようで芸能界はそういう駆け引きも大変みたいですね。

それにしても番組から依頼されたろう、病気説明のために出てくるマスコミに顔が売れた先生(秋田の先生とは違う先生)・・・
「こういう骨の病変は1割くらいで稀なケース」「中年以上の男女がかかる」「病気になってから禁煙しても効果ない」・・とかコメントされてましたが、現場をしらないのか?・・という感じで呆れます。こういう先生が依然多いから、未だに原因不明、治療法もわからない難病なんて置き去りにされているのだと感じました。

確かに珍しい治療法や新しく出てきた治療法は、医師同士のいろんなやっかみや業界の裏事情もあってなかなか認められにくいんだそう。 かの「丸山ワクチン」を開発された先生も当初は変わり者の医師扱いで最初は散々な批評だったそうです。効果があるからといってすぐに認められたり広まるわけではないんですね。

この秋田の先生は、そういう地位・名声といったものは興味のない素朴な方で、ひたすら地道に自分の資産を投じ長年この病気を専門に研究されてるそうです。(研究は今も続いています)
本気で治したいという気がなかったら、初診時には患者さんを集め何時間もかけて病気説明をされたり、検査結果を後日ひとりひとりに自筆の封書で送って下さるようなことはしないでしょう。

ドクターショッピング・・・

今や医者は聖職と呼ばれる職業ではなく、それだけ本物の医者が少ないということなんでしょうか。
でも、もし医者ご自分や身内が同じような症状になったら、自分がしているのと同じあやふやな治療で満足できるでしょうか。何とかして治そうと必死で情報を集め勉強しようとしますよね?
事実、この病気にかかって秋田に来る患者の中には、皮膚科の医師自身も大勢いるそうです。
じゃあ自分の病院でも治療協力してくれるのか・・・答えは殆どの先生がNOです。
もちろん協力されてる病院は数件ありますが、だから最初は秋田に行くしかないのです。

原因はこの治療に使うお薬が非常に安価なため忙しくなるがサッパリ儲からないという病院経営に即負担がかかるからです。いくら効果があるとはいえ利益にならない治療を公に認め、治療法に積極的に取り入れるようなことは保守的な今の日本の医学会はしないのかも知れません。
人気ドラマ「白い巨塔」の世界は決してTVだけの話ではないそうですから。

病院の経営もそれは大事な事でしょうが、その為に大勢の患者は長年苦しんでいます。もう少し患者の立場にたった治療に当たってくれる医者が増えてほしい・・そう祈るばかりです。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-25 02:40 | Medical

オリエンタルカレー

c0034486_311069.jpg

日本初の即席カレー「オリエンタルカレー」、これは名古屋のカレーです。
グッズも売られてるし、カレースプーンなんかも復刻されて量産されてるからこのインド人コックさんのキャラクターは誰もが1度は目にしたこともあると思う。

地元(東海地方)のTVで、このオリエンタルカレーの移動トレーラーがイベント場などを回ってカレーを販売しているというニュースを見ました。
もちろんスーパーや雑貨屋さんにもカレーは置いてありますが、もともとこのカレーは昭和28年から17年間、全国に広めるため宣伝カーを使い、そこに何と楽団や紙芝居などを乗せ各地でPRしていたそうで、なんと専属歌手も付けてオリエンタルカレーの唄まで作り、レコードも発売されたらしいです。

ちなみに上の写真のカレースプーンは、現在キャラクターのお店で売られている現行ものではなく、昭和30年代当時のものでオリエンタルカレーのオマケに付いていたものらしいです。
今のものと比べると持った感触に厚みや丸みがなく若干薄っぺらいような気がしないでもない。
こういうのは腐らないので、うちの母はずっと使ってて今も5〜6本残っているのかなぁ・・。
もちろん私も幼い頃からこのオリエンタルカレースプーンでカレーを食べていたので(もちろん今も)改めてこれが売られてると知ったときはへぇ〜という感じでしたね。

今売られているのは型取りされた量産もので顔の表情もつくりも統一されていますが、当時のものは写真を見てもおわかりのように顔の表情がどれも少しづつ違います。
今の顔とも少〜し違うような気がするなぁ・・。
思い出すと懐かしくて、昔ながらの即席カレーをまた食べてみたいと思いましたね。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-23 03:41 | Zakka

細木数子の予言

今、やりたい放題で旬な細木数子の番組は興味シンシンで見てしまいます。
今日の「幸せって何だっけ」では、またすごい発言されてました・・。
今やこの方の発言されることはメディアにすごい影響力ありますからね〜。

年末の特番でも、渡哲也 が肩こり防止に付けているゲルマニウムのブレスレットを見て「私も欲しい」と言っちゃったからさぁ大変!
翌日からネットなどでも「細木数子も欲しがったブレスレット」といろんな種類のゲルマニウムブレスレットがわんさか溢れ出しました。私も肩こりに悩んでるから一瞬マジで欲しくなりましたよ(笑)

予言といえば、先の「スマトラ沖大地震」を年末(12/20)の番組収録で「隣国で収まりのつかないくらいの災害が起こる」と発言されてたのが結果的中してしまった訳で、偶然にしてはあまりのタイミングに驚きましたが、今日の放映で「近い将来大きな災害が日本で起こる、場所は東京!」とはっきり断言されたからまたビックリ!

まぁ・・細木数子の予言が当たるか当たらないかは別として、東海〜東南海地震は30年以内に87%以上の確率で起こるって言われてます。
関東直下型の地震も30年以内に70%の確率と言われていて、この間の地震特番では2005年+−5年に起こる可能性が高いと、衛生画像の雲の状態から予知し高確率で当ててる地震研究者に予言されてました。そして今回のこの細木発言ですよ。
世間の風潮がもう待ったなしで地震が確実に起こるって前提の話です。

私は東海地方在住なので、もうじき大きな地震が来る来るってもう聞き慣れているけれど、東京直下に関東大震災以来の大きな地震が本当に起こるなんて、何かドラマか映画の話みたいでいまいち現実味ないでしょうね。実際私もそう思う。
しかも地層の柔らかい上に大都市の広がる東京で震源の浅い所で直下型地震が本当に起こったら、被害は神戸の2倍以上は軽く超えてしまうだろうし、こういう予言予知は当たって欲しくはないけど、世界的にも災害続きなのでなんだか自然の不穏な流れが漂ってるのを感じずにはいられません。
海洋プレート型の地震で心配されている地域は、東海地震だけじゃなく宮城県沖やここのところ地震回数が多い北海道の太平洋沿岸地区など東北〜北海道方面も安心はできないそうなので、日頃の防災準備をしっかり心掛けたい所ですね。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-22 00:29 | etc....

掌蹠膿庖症 骨関節炎

本日一部新聞とTVのワイドショーで、タレントの奈美悦子さんが「掌蹠膿庖症・骨関節炎」で治療休業すると報道されました。見た人いるかな?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050120-00000002-sks-ent 
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200501/gt2005012002.html

実は何を隠そう、私もこの病気です。発症して今年で7年目。
実は昨年10月に行った秋田旅行はこの病気を専門に研究し治療法を発見した第一人者のこの先生の診察を受ける為だったんです。

本日の日本TVのワイドショーで「23日に奈美さんが担当医師と記者会見をする予定」と言っていたらしいですが、発症原因も治療法もない難病といわれている病気なので、苦しんでいる患者さんに治療方法があると広く知ってもらえたらと、私も大いに期待する所です。

奈美さんの骨の症状はかなりの重傷なようで、私も骨の激痛を体験しているのであの痛みをこらえての芸能活動はものすごく大変だろうと、本当に心からお気の毒に思う。
最初は手の指先や手のひら、足の裏などに無菌の水泡や膿庖がポツポツ出てくるので皮膚科の分類になっているけれど、どうやら根本原因は腸内の免疫異常からくる免疫疾患の一つで、皮膚だけでなく進行すると骨が変形や破壊されて激痛が伴うだけじゃなく、狭心症や腎臓病、糖尿病も併発したりと放っておくとどんどん進行してしまう恐い病気なのです。でも、不勉強なのか医師同士の情報不足なのか、こういう事実を皮膚科の先生で知っている人は多くないのです。

皮膚科でこの病気と診断されると大抵「一生直らない難病」と宣言されます。
治療法がないといわれるので非常に落胆し、見放されたも同然です。
しかも医者は皮膚症状には延々とステロイド軟膏を、骨の痛みには痛み止めを出すだけで、骨の痛みに関しては原因不明と診断されます。手足の水泡や皮むけの症状も日々ひどくなっていき、人目も非常に気になるし、手を使う些細な日常の動作にも支障がでるほど大変になってきます。
こんなのが一生治らないと宣言された時の気持ち、健康な人には想像できるだろうか・・。
まして女で一生手足がこんな状態でやってかなくちゃいけないって宣言されるのは相当辛い。
幸い私の場合は、手足の症状が治まってきた代わりに骨の痛みの方が強くなってきているのでそれはそれでまた辛いのですが、手足の皮膚症状がピークの時は女としてもかなり自信なくしちゃって、こんな状態一生続くのならもう死んじゃいたいと何度も思いましたねぇ。

命に関わる重病じゃないし頑張ってね・・と友人に励まされても、人にはいえない日々の細かな苦労もいっぱいあって、こんな毎日真綿で首を絞められるような苦しみが一生続くのもストレスで精神的に参っちゃうんですよ。
取りあえず、私も今は皮膚と骨の治療中。奈美さんも早く改善されることを心から願っています。
そして同じ病気で苦しんでいる人がもしこれ読んだら、原因不明で治療法がない難病と言われてもこの病気は治る病気です。正しい治療をしてくれる医者に早くかかって、一人でも多くの人が完治されてほしいと願っています。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-21 00:26 | Medical

Day'sサプリ

c0034486_185147.jpg

毎日飲んでいるサプリメントです。
病気をしてからビタミンやミネラルはまんべんなく摂ろうと、マルチビタミン&ミネラルがメインです。日本製のマルチビタミンやサプリ類は一般に成分が少なすぎて価格が高いので、私は海外製のサプリを利用。
アメリカは医療費が高く、普段から予防のため治療効果の出る量のサプリを飲まないと意味がないという考えらしく、私もその通りだと思うので海外での基準値を基本にして含有量の多いものを選んでいます。
むやみに飲めばいいというものでもないけれど、今の食生活では気をつけていてもまんべんなくビタミン類を摂ることは至難の業なので、最低限の基本という考えで摂るようにしています。

確かに海外の含有量の多いものをきちんと毎日飲むようになってからは、風邪をひきにくくなったし、風邪気味の時も医者にかかったり市販の風邪薬に手を出す前に、ビタミンCや亜鉛の量を増やして軽いうちに予防するって微調整をしています。

こんなに数があるのは、たとえ海外のものでも平均的に全ての含有量がOKではないので、その不足分を個別に補ってるというわけですが、今飲んでいるマルチビタミンの「Alive!」が飲み終わったら別のマルチビタミンに変える予定なので、そうなったらそれ1個でもう少し平均的に成分が摂れるので飲む種類が今より3〜4個は減ります。

今は価格も良心的な国内の代行ショップを利用してますが、以前治療目的でビオチンというサプリが欲しかった時に、別の代行業者のサイトでは60カプセル入りが2800円、120カプセル入りが5000円ほどで高いな〜・・と思っていたのですが、念のためにアメリカのメーカーのサイトを調べたら価格が880円(60cap)と1390円(120cap)。アメリカからの送料やもろもろ雑費を入れても十分おつりがきます。
業者の利益を入れてもちょっと高いですよね・・

自分でもちゃんと調べてから納得して購入しないと、日本ではかなり高く販売してるアメリカサプリの通販代行ショップもあるので、気をつけないといけません。商品説明と合わせ病気説明も一見詳しく説明してあったり、このサプリショップのオーナーが病気の質問も受け付けているようなのでちょっとタチが悪い・・・病気のことを詳しく知らない患者さんはここの説明を読めば信じてしまうでしょうから。サプリ業界は儲かりますもんね。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-20 02:20 | Beauty

地震くる?

年末のスマトラ沖大地震や阪神大震災10年目ということもあって、ここのところ地震の特集番組が多いです。まぁ・・明日にでも東海〜東南海地震がきてもおかしくないといわれてるご時世なので私も少し前から危機感はあって、先週は土曜から立て続けにスペシャルやNHKとか見まくってたのですが、その中であるスペシャル番組のゲスト(渡辺徹)がちょっと気になることを言ってたので、そのセリフがやけに引っかかってます。

で、彼(渡辺徹)はなんて言ったかというと・・・
「本当は大きな地震がいつ頃くるかだいたいもう把握されてて、いきなり警告出すと世間が混乱するからこういう番組を前触れでどんどん流しておいて”くるぞくるぞ〜”って先入観を持たせておくんじゃないか」・・って。

確かに、東海〜東南海地震はある程度予知ができるらしいけど、本当に前もって警報が出すのか・・と考えてみると「?」
だってテレビで総理がまじめな顔で「○日後に地震が来ます」なんていったら国民大パニックで世の中大混乱だろうし、ほんとは現時点でかなりの高確率で予知はすでにできていて政府の上層部だけには知らされるんだろうけど一般市民には決して言わないんではないかな〜と想像してみる訳ですよ。

危機感をもつのは悪いことではないから家族で具体的に対策を話し合う機会を持てばいいんだけど、一体どれだけの人が行動に移すんだろう・・?うちの父なんて未だにでっかいテレビの真下に頭向けて寝てる始末で、確実に頭潰れるって。

変な話・・偶然かもしれないんだけど、私は今までぎりぎりのところで無意識のうちに行動してたことが後になって(あ〜助かったぁ、間に合ったぁ)ってことが結構多くて、自分の中でふっと心によぎる印象というかファーストインプレッション?こういう湧いてくる感情のまま素直に行動したほうがいいぞって信じてるところがあるのですよ。普段の行動や動作はもちろん人を判断する時にも。

今、自分の部屋のクローゼットの上に重い段ボールをいくつも乗っけてあって、こんなの地震で落ちてきたらかなりヤバいと見る度に感じてるのですが、そういえば昨年秋の秋田旅行(10/17~19)の前に、留守中にもし地震来たら困るので旅行前に何とかしておかなくちゃいけない・・って一時期ものすごく気が焦った覚えがあったのですが、この時は結局そのままで秋田に旅立ってしまったのだけど、戻った翌日に秋田に台風上陸で飛行機は運休、その4日後には例の新潟での中越地震が起りました。

秋田から戻って落ち着いた頃に「私がこの棚の荷物をもし下に降ろしはじめたら大きい地震くるかも知れないね」と冗談半分で人に話したことがあるんだけど、なにげに言ったこういうセリフが本当に当たっちゃったら恐いな〜と思う今日この頃。もちろん今のところはまだそんな切迫感、全く感じてないけど・・・。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-18 02:23 | etc....

とうとう

始めちゃいましたよ・・ブログってやつを。

ブログって一体どれがいいんだろ〜と迷いつつ、livedoor・DRECOM・goo、JUGEM・yaplog・・・いろいろ比べて見易さや編集の簡単さでここに決定。
でもね〜、自分のサイトの中で一応日記のようなコーナーはあったものの、そっちさえマメな更新ができてなかったってのにブログなんか始めて大丈夫かしらん・・とチト不安。
[PR]
by kyos_yansu | 2005-01-16 01:56 | etc....